原点回帰!元PMが技術力でフルリモートワークを目指すブログ

IT業界に蔓延る技術力0の元ダメPMが独立を機に技術を1から勉強していくブログです。技術の話だけでなく起業の事とかお金の事とかなんでも備忘録的に綴って行きます。

MacBookPro(2018) High SierraにGo開発環境を構築する

Go言語の勉強をするにあたってMacBookPro(2018) High Sierraに開発環境を構築したのでメモ

前提条件

パッケージマネージャーはHomebrewを使用し、既にインストール済みの環境が前提となります。

Goのインストール(Homebrew)

$ brew install go
Updating Homebrew...
==> Auto-updated Homebrew!
Updated 2 taps (homebrew/core, homebrew/cask).
==> New Formulae
carla         hyperkit      peru        picat         skopeo        ucloud       vfuse
==> Updated Formulae
・
・
〜 中略 〜
・
・
==> Deleted Formulae
llvm@3.7            mediatomb

==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/go-1.11.high_sierra.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring go-1.11.high_sierra.bottle.tar.gz
==> Caveats
A valid GOPATH is required to use the `go get` command.
If $GOPATH is not specified, $HOME/go will be used by default:
  https://golang.org/doc/code.html#GOPATH

You may wish to add the GOROOT-based install location to your PATH:
  export PATH=$PATH:/usr/local/opt/go/libexec/bin
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/go/1.11: 9,273 files, 403.9MB
・インストールおよびバージョン確認
$ go version
go version go1.11 darwin/amd64

環境変数の設定

環境変数にて各種パッケージをダウンロードするディレクトリを指定します

$ export GOPATH=$HOME/.go
$ export PATH=$PATH:$GOPATH/bin

以上、Go開発環境の構築は完了です。

Hello World(動作確認)

動作確認の為にHello Worldを出力するプログラムを作成し実行します

$ vi hello.go

### hellog.go ###

package main
import "fmt"

func main() {
    fmt.Printf("Hello World!\n")
}
・実行
$ go run hello.go
Hello World!

以上で完了となります。